2015年04月24日

MoBの坂道 1章:2種類のカードしか使わない。傑作カードゲーム「サメ警報」について

「各々勝手に『2種類のカードしか使わないゲーム』作ってゲムマで出すのはどうでしょう?」という企画に参加しました。
(企画詳細はこちら→http://twipla.jp/events/137239

 これはその挑戦の過程を記したデザイナーズノートです。

注意:MoBGAMESのデザイナー宮野はゲームデザイナーとしてそんなに有名ではありません。過度な期待はせず、明るい部屋でモニターや液晶から離れて読んでください。
   あと、ある程度のゲーム創作の知識がないと読みにくいかもしれません。その点もご容赦ください。

 これから始まる一連の記事では、私が挑戦した「2種類のカードしか使わないゲームを作る」という事について書いていくつもりです。
 ただその前にまず、2種類のカードしか使わないゲームとはどのようなものかを、先に紹介したいと思います。

1章:2種類のカードしか使わない。傑作カードゲーム「サメ警報」について
HaiAlarm.jpg
「サメ警報(原題:Hai-Alarm!!!)」は「サメ」と「イルカ」のカード2種類だけを使って遊ぶゲームです。
 それぞれのカードが32枚ずつ入っているのですが、どのカードも微妙にイラストが違うのが特徴です。(ゲームのシステムには特に関係ありません)
 ゲームの内容としては、まず各プレイヤーは3枚の手札を持ちます。もちろん手札に来るのはサメかイルカですね。
 その状態で、まず最初にできる事は「自分の場にカードを伏せる」だけです。
 このゲームにおける最初の手番は、全員が必ずカードを伏せるだけで終わります。
 そして伏せカードがある状態で自分の手番が回ってくると、初めて選択肢が生まれます。
 追加される選択肢は「自分の場に伏せたカードを表向ける」です。「カードを伏せる」か「カードを表向ける」ですね。
 表向けたカードがイルカだった場合は、特に何も起こりません。ただ、ゲームの勝利条件は自分の場に表向きのイルカを7枚集めることなので、この行動にもちゃんと意味はあります。
 その反面、表向けたカードがサメだった場合、表向けた瞬間には何も起こりませんが、次の自分の手番が来たときに新たな選択肢が増えるのです。
 それが「サメアタック(命名者:宮野)」です。
 自分の場に表向きのサメカードがある場合、他のプレイヤーの場に伏せられたカードに対して攻撃ができるのです。
 今までは自分の場にカードを伏せて、それを表向けるだけだったのが、今度は自分以外の場に伏せられたカードについて考えなければならなくなります。
 この手番を重ねていくごとに行動が解禁されていく感じが、個人的には大好きだったりします。
 サメアタックは他のプレイヤーが伏せていたカードを強制的に表向きにさせて、それがイルカなら自分のサメと入れ替えになり、サメだったならそのサメを獲得します。
 入れ替わってしまうとサメはなくなりますが、代わりにイルカが増えるのでイルカ七匹勝利が近づきます。サメを獲得すると「サメ警報勝利」に近づくので、これはこれで良い感じです。
 サメ警報勝利とは、よそよりも3匹以上多い表向きのサメが自分の場にあると発生するものです。
 なのでこのゲームはイルカかサメのどちらかを集中して場にそろえるのが勝利へのルートとなるわけです。

 自分の手番にできる事はカードを伏せる、カードを表向ける、表向きのサメで他人のカードをめくるの3つだけ。
 そして使うカードもイルカとサメの2種類だけ。こんなにもミニマムなのにやってみると強いジレンマを感じて、一喜一憂して盛り上がれます。

 現在、このゲームは国内流通はしていないようなので再販が待たれる状態です。
 このゲームの面白さに勝てるような2種類カードゲームは、他にないのではないかと私は思っています。
 今回、私が作った2種類カードゲーム「ペア×ベア」も「サメ警報」の前では少し自信がかすみます。
 ただし「サメ警報」には弱点もあって、ルールと勘所が少しわかりにくいのです。
 私は大好きなゲームなのでたまにプレイするのですが、反応がイマイチな時もあります。そして何より、このゲームはプレイヤーがちゃんと理解していないと、誰かがあっさり勝って終了してしまう事もあるのです。

 私の「ペア×ベア」はその点で誰にでもわかりやすいようにデザインしてみました。故に、ちゃんと「サメ警報にも負けないぜ」という気概はあります。
 次の項からはそんなペア×ベアができるまでの変遷を語っていきたいと思います。

→「2章:とりあえず作ってみっか!から始まるゲームデザイン」へ

 MoBGAMESの新作2種カードゲーム「Pair×Bear(ペアベア)」はGM2015春にて販売予定。
 紹介記事はこちら→http://u111u.info/ki8G
 ゲームマーケット当日予約はこちらから→http://t.co/TVjzRxVCSA
posted by 宮野 at 16:33| Comment(0) | ゲーム製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

ゲームマーケット2015春出展情報

たいへんご無沙汰しております。
カードを伏せない宮野など肉の入っていない麻婆豆腐と同じだ! でおなじみのMoBGAMES宮野です。

5月5日(火・祝)に東京ビックサイトにて開催されるゲームマーケット2015春にMoBGAMESとして出展いたします。

そちらで新作「Pair×Bear(ペア×ベア)」を販売予定です。
裏表紙_OL.jpg
ペアを見つけたらユリ承認! バラ承認!
たった2種類のカードでここまで遊べちゃう新感覚ブラフゲーム。
カードB表(ユリクマ).pngカードA表(バラクマ).png
ゲームの詳細はこちらをご覧ください。
http://u111u.info/kaLF
プレゼン動画でも確認できます(動画の前半)
http://www.ustream.tv/recorded/61279386

そして一部の層に大人気だった「LIAR MAFIA」に新ルールが実装されます。
パッケージ.PNG

ゲームの概要はこちらをご覧ください。
http://meetingofboardgames.seesaa.net/article/395553168.html?1398433746
プレゼン動画でも確認できます(動画の後半)
http://www.ustream.tv/recorded/61279386

ルール変更点は下記の2点です。すでにゲームを所持している方は新ルールで遊んでみてください。
・自分の場に伏せていないアクションは宣言できない。
・スタートプレイヤーも場札の交換ができる。(しなくても良い)

ライアーマフィアをご存知ない方からすれば些細な変更に見えるかと思います。
ただ、本作をご愛顧いただいているお客様にとって、この変更は劇的にゲームの面白さを加速させると自負しております。

ゲームマーケット2015春にて販売するライアーマフィアから新ルールを随時封入してまいります。
旧ルールをお持ちの方用に新ルールの配布も行う予定です。デザインも変わっておりますので、良ければお立ち寄りください。

その他、ゲームマーケット大阪にて販売した新作2点も持って行きます。

3〜4枚のカードで6人までプレイ可能なブラフゲーム
・大きなつづらと小さなつづらと(つづとと)
パッケージ表.png
ゲームの詳細はこちらをご覧ください。
http://u111u.info/kaLo

最大8人まで遊べるカオスなギャンブルゲーム
・ドロボーが多すぎる!
カード画像裏.png
ゲームの詳細はこちらをご覧ください。
http://u111u.info/kaM1


以上のゲームにつきましては、下記のURLにて事前予約を受け付けております。
http://t.co/TVjzRxVCSA

数に限りがございますので、必ず手に入れたい方はご予約お願いいたします。


そして下記の作品も在庫がある分だけ持っていきます。

三枚の手札とチップで周りを騙して勝利しろ!
・うそつき王国<キングダム>
販促用画像2.png
ゲームの詳細はこちらをご覧ください。
http://meetingofboardgames.seesaa.net/article/378191734.html

真っ暗な遺跡の中で繰り広げられる財宝の奪い合い!
・盗賊ロワイアル!
パケ.png
ゲームの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=HIEtn4pYw2Q
(※旧ルールの説明です。新ルールでは盗賊カードを全て伏せます)

未完の大器。MoBGAMESの最高傑作。製品化時期未定。
・ドンクラーヴェ(体験版)

ゲームの詳細はこちらをご覧ください。
http://meetingofboardgames.seesaa.net/article/408886590.html

これらのゲームは在庫の数がごくわずかなため、当日販売のみとなっております。

以上、ゲームマーケット2015春の出展情報でした。

MoBGAMES 宮野
posted by 宮野 at 12:34| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。