2015年04月24日

MoBの坂道 1章:2種類のカードしか使わない。傑作カードゲーム「サメ警報」について

「各々勝手に『2種類のカードしか使わないゲーム』作ってゲムマで出すのはどうでしょう?」という企画に参加しました。
(企画詳細はこちら→http://twipla.jp/events/137239

 これはその挑戦の過程を記したデザイナーズノートです。

注意:MoBGAMESのデザイナー宮野はゲームデザイナーとしてそんなに有名ではありません。過度な期待はせず、明るい部屋でモニターや液晶から離れて読んでください。
   あと、ある程度のゲーム創作の知識がないと読みにくいかもしれません。その点もご容赦ください。

 これから始まる一連の記事では、私が挑戦した「2種類のカードしか使わないゲームを作る」という事について書いていくつもりです。
 ただその前にまず、2種類のカードしか使わないゲームとはどのようなものかを、先に紹介したいと思います。

1章:2種類のカードしか使わない。傑作カードゲーム「サメ警報」について
HaiAlarm.jpg
「サメ警報(原題:Hai-Alarm!!!)」は「サメ」と「イルカ」のカード2種類だけを使って遊ぶゲームです。
 それぞれのカードが32枚ずつ入っているのですが、どのカードも微妙にイラストが違うのが特徴です。(ゲームのシステムには特に関係ありません)
 ゲームの内容としては、まず各プレイヤーは3枚の手札を持ちます。もちろん手札に来るのはサメかイルカですね。
 その状態で、まず最初にできる事は「自分の場にカードを伏せる」だけです。
 このゲームにおける最初の手番は、全員が必ずカードを伏せるだけで終わります。
 そして伏せカードがある状態で自分の手番が回ってくると、初めて選択肢が生まれます。
 追加される選択肢は「自分の場に伏せたカードを表向ける」です。「カードを伏せる」か「カードを表向ける」ですね。
 表向けたカードがイルカだった場合は、特に何も起こりません。ただ、ゲームの勝利条件は自分の場に表向きのイルカを7枚集めることなので、この行動にもちゃんと意味はあります。
 その反面、表向けたカードがサメだった場合、表向けた瞬間には何も起こりませんが、次の自分の手番が来たときに新たな選択肢が増えるのです。
 それが「サメアタック(命名者:宮野)」です。
 自分の場に表向きのサメカードがある場合、他のプレイヤーの場に伏せられたカードに対して攻撃ができるのです。
 今までは自分の場にカードを伏せて、それを表向けるだけだったのが、今度は自分以外の場に伏せられたカードについて考えなければならなくなります。
 この手番を重ねていくごとに行動が解禁されていく感じが、個人的には大好きだったりします。
 サメアタックは他のプレイヤーが伏せていたカードを強制的に表向きにさせて、それがイルカなら自分のサメと入れ替えになり、サメだったならそのサメを獲得します。
 入れ替わってしまうとサメはなくなりますが、代わりにイルカが増えるのでイルカ七匹勝利が近づきます。サメを獲得すると「サメ警報勝利」に近づくので、これはこれで良い感じです。
 サメ警報勝利とは、よそよりも3匹以上多い表向きのサメが自分の場にあると発生するものです。
 なのでこのゲームはイルカかサメのどちらかを集中して場にそろえるのが勝利へのルートとなるわけです。

 自分の手番にできる事はカードを伏せる、カードを表向ける、表向きのサメで他人のカードをめくるの3つだけ。
 そして使うカードもイルカとサメの2種類だけ。こんなにもミニマムなのにやってみると強いジレンマを感じて、一喜一憂して盛り上がれます。

 現在、このゲームは国内流通はしていないようなので再販が待たれる状態です。
 このゲームの面白さに勝てるような2種類カードゲームは、他にないのではないかと私は思っています。
 今回、私が作った2種類カードゲーム「ペア×ベア」も「サメ警報」の前では少し自信がかすみます。
 ただし「サメ警報」には弱点もあって、ルールと勘所が少しわかりにくいのです。
 私は大好きなゲームなのでたまにプレイするのですが、反応がイマイチな時もあります。そして何より、このゲームはプレイヤーがちゃんと理解していないと、誰かがあっさり勝って終了してしまう事もあるのです。

 私の「ペア×ベア」はその点で誰にでもわかりやすいようにデザインしてみました。故に、ちゃんと「サメ警報にも負けないぜ」という気概はあります。
 次の項からはそんなペア×ベアができるまでの変遷を語っていきたいと思います。

→「2章:とりあえず作ってみっか!から始まるゲームデザイン」へ

 MoBGAMESの新作2種カードゲーム「Pair×Bear(ペアベア)」はGM2015春にて販売予定。
 紹介記事はこちら→http://u111u.info/ki8G
 ゲームマーケット当日予約はこちらから→http://t.co/TVjzRxVCSA
posted by 宮野 at 16:33| Comment(0) | ゲーム製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

ゲームマーケット大阪2013のお知らせ

お世話になっております。
Meeting of Board Games代表の宮野です。
3月10日に開催されるゲームマーケット大阪にMoBGAMESが出展いたします。
http://gamemarket.jp/modules/tinyd01/index.php?id=39

ブース番号219番にて、下記の商品を販売いたします。
予約はこちらから受け付けております。
https://docs.google.com/forms/d/1m1yTh7nOIFoGFZSH-gLODo5Vjm4jYadshrL3i7lBDaE/viewform

【NEW!】YAMINABEのプレゼン動画を作っていただきました。良ければご覧ください!
http://t.co/kQSVeSxmMU

抱腹絶倒! 切味抜群! ありそうでなかった!
たった4枚の手札で楽しめる心理戦カードゲーム。

YAMINABE-やみなべ-(1,500円)
YAMI1.pngYAMI2.png

GM2012秋にてテスト版を頒布いたしました「食事黙示録・闇鍋(仮)」がついに完成し、「YAMINABE-やみなべ-」となって帰ってまいりました!
前回、開場直後にテスト版が完売。多くの人に試遊のみでの提供となってしまった本作を待ち望んでおられた方は多いのではないでしょうか。
今回、製品版を作るにあたって、以前にご購入いただいた方々にもお買い求めいただけるよう、さらに改良を加えております。
まず、イラストの一新!
コピー 〜 カード図柄_プラス点.pngカード図柄_マイナス点.pngカード図柄_マイナス点.png
全アートワークをMoBGAMES作品でおなじみ「福井和也」氏が描き下ろしてくれました。
さらに、ゲーマーの方々からのご意見を取り入れ、より奥深いゲーム性をお届けする新要素「なべ底すくい」や「フルーツなべ」、拡張ルール「YOMINABE」も搭載。
さらにさらに! ゲームにて使用するカードと箱は、この業界トップシェアを誇る萬印堂に製作を依頼いたしました。
MoBGAMESが満を持して、あらゆるゲーマーたちへ送る傑作カードゲーム「YAMINABE-やみなべ-」。
価格1500円にて販売予定です。

その他、GM秋にて頒布しました「盗賊ロワイアル!(カード角丸加工Ver.)2,000円」や、
販促用画像0.png

「季刊MoB通2012」の春号、秋号(共に300円)も持って行きます。
2012haru.png2012aki.png
それぞれ在庫限りとなりますので、お求めはお早めにお願いいたします。

予約はこちらから受け付けております。
https://docs.google.com/forms/d/1m1yTh7nOIFoGFZSH-gLODo5Vjm4jYadshrL3i7lBDaE/viewform

以上、MoBGAMESからのお知らせでした。

※過去に盗賊ロワイアル(カード角丸未加工Ver.)をお買い上げいただいたお客様は、ゲームもしくはカードをブースにお持ちいただければ、無償にてカードを交換させていただきます。
posted by 宮野 at 17:12| Comment(1) | ゲーム製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

ゲームマーケット秋2012 サークル情報

日頃よりMoBをご愛顧いただき、ありがとうございます。
Meeting of Board Gamesの宮野です。

2012年のゲームマーケットOSAKAから、MoBのゲームブランドとして立ち上げたMoBGAMESも数えて三度目のGM出展となります。

今回のゲームマーケット秋では下記の3つを頒布予定です。

『MoBGAMESを代表する傑作。今年最強の心理戦カードゲーム!』
・カードゲーム「盗賊ロワイアル!」(予価:2,000円)

販促用画像.png

 2人から4人までプレイ可能なお手軽カードゲームです。
 ルールはいたって簡単。場に伏せられた財宝カードを見て、手持ちの盗賊カードを財宝カードに賭けるだけ。
 驚くほどシンプルなルールなのに、あり得ないくらいエキサイティングしてしまう本作。
 間違いなくMoBGAMES代表作と言っても過言ではありません。ぜひ一度、ご賞味あれ!

『MoB編集の創作ゲーム情報誌がさらにパワーアップ!』
・季刊「MoB通2012秋号」(予価:300円)
 この春から発刊され、主に業界関係者からコアな人気を呼んでいる「MoB通」。
 春号では有限会社ワンドローと株式会社オインクゲームズの広告記事を載せるなど、
 その実験的な試みと内容の充実ぶりが話題を呼びました。
 今号ではゲームマーケットに参加予定のサークルさんに記事の執筆を依頼するなど、
 またまた実験的な試みを多数ご用意。宮野が執筆するコラムや小説も健在です。
 見ごたえ抜群の娯楽情報誌を、この秋も皆さんにお届けいたします!

『――さぁ、始めよう。これが究極のフードバトルだ』
・「食事黙示録・闇鍋」(予価:500円)
 闇鍋とは、各々が持ち寄った自称「至高の食材」を闇の中でつつき合う恐ろしき儀式である。
 その味が奏でる狂宴は聖者も愚者も等しく奈落へ突き落とす。
 この儀式に置いて、無事に箸を置ける者は誰一人としていない。そう、誰もが思っていた。
 だが、1人の男が放った言葉が、闇鍋の歴史を覆す――。
「もういい! この鍋は、これより俺たちが仕切る……!」
 闇に包まれた鍋を巡り、いま凄絶なる『食事黙示録』が幕を開ける。
「そう、俺が、俺達が<闇鍋奉行>だ!」
 たった十六枚のカードで遊べるシンプルなブラフゲーム。食事黙示録・闇鍋。
 予価500円にてテスト版、鋭意製作中。

今秋最大のエンターテインメントを巻き起こすMoBGAMESに、ぜひご期待ください!
posted by 宮野 at 13:39| Comment(0) | ゲーム製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。